准看護師の求人は正看護師と何が違う?

看護師は大きく分けて正看護師と准看護師の2つの資格があります。 この2つの資格があることは広く知られていますが、実際、正看護師と准看護師にどのような違いがあるのか、しっかりと把握している方は少ないようですね。 そこで、ここでは正看護師と准看護師の違いをご紹介していきたいと思います。
准看護師に強い求人サイトは?

まず、正看護師と准看護師の大きな違いは「資格」の違いです。 看護師というと「国家試験を合格して資格を得るもの」というイメージが強いですよね。しかし、正看護師と准看護師では資格の種類が異なってくるのです。

正看護師の場合は、看護師国家資格に合格することで、厚生労働大臣より国家資格が交付されることになります。 これに対して、准看護師は各都道府県で行われる知事試験に合格した後、都道府県知事より准看護師免許が交付されるという流れとなります。

また、正看護師と准看護師の違いは、お給料や待遇にも現れてきます。 正看護師と准看護師を比較すると、給与も待遇も正看護師の方が優遇される傾向にあります。これは月給だけでなく、初任給やボーナス、各種手当等全般的にみられることで、中には勤務時間や休日・有給の取りやすさにまで差がある病院もあると言われています。
透析看護師

最近は、准看護師求人の待遇改善が進み、従来に比べると給与平均が上っては来ていますが、依然、正看護師との給与差は開いたままとなっています。 加えて、正看護師と准看護師では、キャリアアップの面でも大きな違いがあります。

正看護師の場合は、勤務年数を重ねることで婦長などの役職がつくケースがありますが、准看護師の場合は、役職に就くことはまず不可能です。 つまり、准看護師の方がキャリアアップを志す場合は、まず正看護師資格取得を目指すのが先決、という訳ですね。

このように、准看護師は正看護師と比べて、現場で働く際に苦労する点が多々あります。 しかし、准看護師は正看護師のように正社員としてバリバリ働くだけでなく、パートやアルバイト、非常勤勤務など、様々なスタイルで働くことも可能です。

そのため、結婚後家事に支障が出ない範囲で働きたいといった方には、准看護師が適しているという見方もできます。 看護師不足が叫ばれる今、准看護師の需要は高く、求人数も安定している状態にあります。 より良い職場で准看護師として活躍したい!とお考えの方は、看護師転職サイトなどで情報を集めてみるのも良いでしょう。