美白方法として有名なハイドロキノンとは

ハイドロキノンは美白に有効な成分として有名で、その効果は美白の成分として知られているビタミンCの100倍とも言われています。
その効果の高さから、別名「肌の漂白剤」とも呼ばれています。
以前は医師の処方箋が必要だった程効果が高いものです。
2001年に化粧品規正法が改正され、現在は美白化粧品にも使用されていて、ドラッグストアなどで購入することも可能です。
ハイドロキノンはシミだけではなくしわの原因にもなると言われている酵素のチロナーゼの生成を抑える働きがあります。
それと同時にメラニンを作る色素であるメラノサイト自体を減少させる働きがあり、シミの根本からの美白が可能になるのです。
ハイドロキノンには、ドラッグストアなどで購入できるものと皮膚科や美容外科で処方されるものの2種類があります。
その違いはハイドロキノンの濃度です。以前は法律で規制されていたように、肌を白くする効果がきわめて高いため、濃度の高いものは現在でも医師の処方がなければ購入することができません。
一般に販売されている化粧品のハイドロキノン濃度は1~2%、医師の処方薬のハイドロキノンの濃度は4%~5%です。
一般に販売されている程度の濃度のものの場合、効果が穏やかな分はっきりと美白効果がわかるまでに時間がかかりますが、一般の人が購入しても危険性がない濃度になっています。
顔全体に使用できるため、いまはまだ目に見えないシミの原因も対処できるのが特徴です。
処方薬の濃度のものは肌に刺激を感じる人が多く、市販の化粧品よりも効果は早く現れると言われています。
刺激が強いため、患部にのみ使用し、顔全体の使用は控えるようにしましょう。肌が弱い人は注意が必要です。

■肌トラブルにはこの成分が入ったものがおすすめ
トレチノイン